視覚科学フォーラムとは

視覚科学フォーラムの趣旨

視覚系を理解するためには、さまざまな領域での研究が必要になります。光を受容するシステムの研究、視覚情報の初期処理過程である網膜の研究、認知に関わる高次視覚中枢の研究、心理物理学や工学モデルによる視覚の研究、眼科学や神経心理学など病態の研究などがあり、また、分子・細胞・神経回路・知覚や認知・行動といった様々なレベルで多様なアプローチがなされています。それぞれの領域で研究が進展するにつれ、研究分野は細分化し、各研究者個人がすべての分野をカバーすることができないことはもちろん、個々の研究の位置付けや体系的理解も困難になってきています。こうした現状をふまえ、自らの研究の位置づけをしっかりと認識し、密接に関連する研究領域の進歩を理解するために、上記のようなさまざまな領域で研究を進めている視覚研究者が結集し、相互を理解し、協力することが重要であると考えられます。視覚科学フォーラムはこのような認識のもとに1997年の夏に金子章道慶応義塾大学教授(当時)を会長として始められました。

 

視覚科学フォーラムの運営

視覚科学フォーラムは年に1回夏に研究会を行い、視覚に関わるさまざまな領域の研究者が参加し熱心な議論を行います。通常の学会とは異なり、固定した会員組織はもたず、メーリングリストに登録された研究者に研究会の案内が送られます。年会費はなく研究会参加費のみが必要です。視覚科学フォーラムの進め方については、会長とさまざまな分野から選ばれた10名の運営委員、および各年度の研究会を主催する大会長によって決められ運営されています。

視覚科学フォーラム会則 (2014年改訂).pdf

 

運営組織

・会長(第1期 任期:2021.1.1~2022.12.31)
鯉田孝和 (豊橋技術科学大学、 心理物理学、神経生理)

・第2期委員(任期:2021.1.1~2022.12.31)
伊藤浩之 (京都産業大学、理論)
和田有史 (立命館大学、心理)
小島大輔 (東京大学、網膜、動物生理)
本間耕平 (慶應大学、網膜)
山根ゆか子(OIST、中枢)

・第1期委員(任期:2021.1.1~2022.12.31)
林隆介  (産業総合研究所)
郷田直一 (生理学研究所)
木下充代 (総合研究大学院大学)
蒋池かおり(東京女子医大)
西本伸志 (大阪大学 情報通信研究機構)

(2021.04現在)

 

視覚科学フォーラムの歴史的背景

PDF:「視覚科学フォーラムの歴史的背景」塚本佳彦先生(2008.12)

 

日本における網膜研究の黎明期 (金子章道先生)
2008年8月28日、視覚科学フォーラム@大阪大学での特別講演の映像です。

 

過去の組織委員(敬称略)

・2016-2020
吉村由美子 ( 生理学研究所、 視覚皮質、可塑性)
内藤智之  ( 大阪大学・医、 心理学、初期視覚系、神経美学)
鯉田孝和  ( 豊橋技術科学大学、 心理物理学)
蟻川謙太郎 (総合研究大学院大学、 神経行動学、動物生理学)
眞田尚久 ( 岩手県立大学、 高次視覚野)

・2015-2018
小池千恵子 (立命館大・薬、 網膜(発生))
永福智志 (福島医大、 高次視覚機能)
橘木修志 (大阪大・生命、 網膜(分子))
今井啓雄 (京都大 霊長研、霊長類(遺伝))
三好智満 (大阪大・医、 網膜、人工視覚)

・2012-2015
古川貴久
山下勝幸
渡辺修一
石金浩史
深田吉孝

・2011-2014
伊藤南
金田誠
七五三木聡
七田芳則
近藤峰生

・2008-2011
坂口豊
谷藤学
蟻川健太郎
今井啓雄
中谷敬

・2008-2011
大黒浩
田村弘
畠義郎
深田吉孝
三好智満